【ヴェスタリアサーガ外伝】
オルフェリアのキャラ評価とスキル解説

前作から人気のあったユニット、成長率は間違いなくトップクラス

スポンサーリンク

性能

2人目の貴重な飛行ユニット。

イーグルライダーでの登場ながらも神獣の宝珠を使えば前作と同じエトワールになれる。

エトワールは歩兵ユニットで剣と杖を使える珍しい兵種、オルフェリアは下級職で【素質】があるのでレベルを自由に上げられる。

イーグルライダーはアスランのファルコンナイトの下級職、アスランと違って特効を無効化する【特効解除】のスキルがあるのでアスランよりは弓に怯えなくてもいい。

ただ、エトワールの方は個人的にはほとんど使うことはなかった。

理由はイーグルライダーの【特効解除】のスキルと機動力が高いことと比べると、エトワールの方は機動力が無く杖を振ろうと神獣の宝珠を使うと強制待機になるから。

特に後者は降りるだけで1ターン消費はSRPGではかなり痛く、いくら杖を使えるからと言っても看過出来る問題では無い。

初期ステータスは下級職レベル1と考えればかなり整っている。

成長率の方はプレイしてみれば一瞬でわかるほど高く、ベネットと並んで全ユニットの中では間違いなく最高の成長率を持っている。

【素質】によってレベルアップも速いので、すぐにカンストだらけの数字が並ぶだろう。

そして飛行ユニット専用のフロイラインはあいかわらず強力なので、ここぞという時とレベルを上げる時に使うようにしよう。

アスランと違ってオルフェリアにとって射程2の槍はフロイラインだけなのでかなり貴重。

サリネの分も回した方が良い。

あと魔力の成長率も高く、雷神の剣や終盤にはウインドスピアを持たせればどんな敵にも立ち回れる優秀な殲滅役にもなれるので魔法の武器は必ず1つは持たせよう。

成長傾向

成長率は冗談抜きで全てが伸びやすい。

別にどれも吟味する必要もないほど成長してくれるが、強いていうなら守備・魔防・熟練度の3つは他と比べると少し伸びにくいので吟味をすれば欠点を補える。

優先順位は守備>熟練度>魔防の順。

守備は初期値で3、最大値が12あるためいくら成長率の高いオルフェリアでも適当に育ててカンストするのはかなり難しい。

オルフェリアは貴重な飛行ユニットゆえ単独行動も多く、そういった仕事をする際に耐久力が高いに越したことはないので、カンスト付近まで上がっているのが理想的。

熟練度は何回かプレイしても伸びる機会が少なく、ナイトソードが持てなかったこともあったのである程度の吟味を推奨する。

魔防は伸びにくいと言っても最大値が低いので、守備・魔防と比べると優先度は低い。

最後に、ベネットと同じくらい成長率が高いので移動力も地力では伸びそうな気はするが、移動力は地力では絶対に伸びません。

スポンサーリンク

スキル

【特効解除】

特効を無効化する

貴重な飛行ユニットかつ、弓の特攻が無くなるのは攻略においてはかなり便利、某SRPGの弓の特効ダメージよりはマシだが特効のダメージが痛いことに変わりはない。

そして、そんな弓の特効のダメージを無くしてくれる【特効解除】のスキルは飛行ユニットにとっては1番欲しいスキルである

前作にいた2人はこのスキルを持っておらず、スキル書での習得も無かったのでオルフェリアはヴェスタリアサーガの飛行ユニットでは初の【特攻解除】持ちになっている。

このスキルがあるからこそ、エトワールの形態よりもイーグルライダーでの運用が多い。

【祈り】

HPが半分未満になると回避値が上昇する

この手のスキルは何度も言うけど死んでいる。

いくらオルフェリアの成長率が高く、HPや守備がカンストしたとしてもHPが半分未満での運用はこちらの心臓に悪いだけ。

仮にHPを1に近い状態にして回避率が上がったとしても、そんな危険な運用はプレイヤーとしては愚の骨頂であり、そもそもそんな死にそうなオルフェリアを見たくはない。

最後に1番重要なこと、イーグルライダーの状態だとこの効果は発動しない!!!!!!!!!

【素質】

取得経験値が1.5倍になる

下級職のレベル1でのスタートなので、【素質】を存分に生かせると言っていい。

さらに、オルフェリアが加入する8章がちょうど中盤にさしかかる頃で、普通の敵を倒しただけでも大量の経験値を入手することが出来るため育成機会にも恵まれている。

「ここで育ててください」と言わんばかりに敵が大量に湧いてくるので、レベル10くらいまでは簡単に育ってくれるだろう。

その後は外伝の育成マップと名高い10章でも出撃するので、そこで杖を使って上手く成長しなかったステータスの補強を行うと良い(杖を多めに買って持たせておこう)

【回避上昇】

回避率が20%上昇する

持っていれば保険のスキルとして便利。

だが、オルフェリアの性能的に【回避上昇】を当てにして前に出すことは無いに等しく、さらに【祈り】と同じでイーグルライダーの状態だとこの効果は発動しない

つまり、スキルとしては死んでいる。

これに関してはイーグルライダーで発動しないのであれば消しておいて欲しかった。

そして何度も言うが、エトワールとイーグルライダーを天秤に掛けた時、優先されるのは100%イーグルライダーなので【回避上昇】のためにエトワールにすることは無い。

まぁ杖使いとしては回避率が相当高いんだろうけど、替えの効く杖使いと違ってイーグルライダーは他に替えが効かないんだよなぁ~。

スポンサーリンク

まとめ

外伝では2人目の飛行ユニット。

初期ステータスは概ねこちらの想像通りで「顔的にも育ちやすそうだな~」と思っていたが、育ててみると総合的な成長率の高さはこちらの想像を遥かに超えていた。

おそらく前作をプレイして外伝をプレイした人全員がいくらなんでもここまで成長率が高いとは誰も想像しなかっただろう。

それくらい成長率が高い。

さらに、下級職のレベル1でスタート+スキル【素質】のおかげで成長速度もかなり速いため、グングン強くなるところも評価点(何ピンもしてくれるのはとても気持ちいい)

かなり速く多くのステータスがカンストしたオルフェリアを見ることになるだろう。

クラスチェンジ(CC)は無いが、上級職のファルコンナイトと上限値があまり変わらないので、良く育つオルフェリアと上限値の高いアスランという棲み分けが出来ている所も〇

いちおう間接槍はフロイライン限定だが、自分の1本とサリネの分で十分こと足りるだろう。

そして魔力の成長率も高く、カンスト付近まで自然と狙えるので魔法剣や終盤に購入できるウインドスピアを必ず持たせておこう。

キャラクターとしては前作ではかなり重要なポジションかつその愛らしい顔グラフィックで多くのファンがついていた(ネタで好かれているベイモンクとはわけが違う)

個人的にもかなり印象に残っているキャラクターだったので外伝で参戦するとわかった時は凄く嬉しかった記憶がある。

そして外伝でも前作ほどでは無いにしろ重要なポジションを与えられており、オルフェリアから聞かされた真実からゼイドの物語が大きく動くといっても過言では無い。

ゼイド軍に参戦後は見た目からもわかるように誰にでも優しい良家のお嬢さんという感じ、貴族の娘なので芯も通っている。

前作では小さい頃はゼイドの婚約者だったことが語られ、今でも想い続けている感じが出ていたが、外伝ではその気持ちが吹っ切れゼイドをいつまでも支えたいと思うように。

EDでの見せ場はトロイと2人だけの会話しか無いもののかなり微笑ましいものとなっている。

オルフェリアはゼイドを、トロイはゼクスについての自分の想いを語り、お互いの活躍を願って2人のイベントは終了する。

この2人は特に恋愛描写はないが、恋愛関係に発展してほしいと個人的には思っている。

オルフェリアは城で囚われている時にトロイに助けてもらったし、堅物と言われるトロイも自らの過去をオルフェリアに話すくらい信頼しているからお似合いな感じがする。

というかこの2人には幸せになってもらいたい。

ここからは妄想ですが、2人が結ばれてもし子供が生まれたら成長率がバケモノクラスの子供が100%生まれると思う。

コメント