【FE 風花雪月】
上級職の性能まとめ(Part.3)

グラップラー・ウォーロック・ダークビショップ・ビショップの性能を解説。

スポンサーリンク

 グラップラー 

 成長率ボーナス

HP力・技・速さ魅力
+40%+10%+5%

 特徴

籠手がそもそも強いんだから拳闘士の純粋な上級職が強いのは当たり前。

グラップラーの弱点は防御力が高いアーマー系にダメージが通りにくいくらいしか思いつかないし、ほとんどの敵は追撃込みの4回攻撃を行うまでもなくだいたい沈む。

ダメージが通らないアーマー系もブリガントから習得する「鬼神の一撃」があれば普通にダメージが通るようになるためグラップラーの攻撃面での弱点はほとんどないと言える。

そしてグラップラーの成長率ボーナスはウォーリアーと並んでHPは最高の40%、力・速さに加えて技も上がりやすくなった。

 兵種スキル

「格闘の達人」格闘を装備時、攻撃+5

「素手格闘」武器を装備していなくても格闘攻撃ができる

自分から攻撃した時に2回攻撃をするからスキル「格闘の達人」は実質+10、「鬼神の一撃」まで加わると+22というトンデモない数字になるのがグラップラーの強さの根幹。

上記2つのスキルがあれば籠手を使わずとももう1つのスキル「素手格闘」で十分。

 兵種マスタースキル

「魔殺し」自分が籠手を装備して魔法を使う相手と戦う時、命中・回避+20

「猛烈鉄拳」グラップラーの時だけ使用可能。籠手で3回攻撃をする

グラップラーは魔防の成長率がマイナスになるので命中・回避の上がる「魔殺し」は絶対に習得した方が良いスキル。

そして、もう1つの「猛烈鉄拳」は強すぎる。こっちは「2回で強ぇぇ」ってはしゃいでいるのにさらに上を行く3回って・・・

ソードマスターは見習ってくれ。

スポンサーリンク

 ウォーロック 

 成長率ボーナス

HP魔力魔防・魅力守備
+10%+10%+5%-5%

 特徴

メイジよりもさらに魔法の威力に期待が出来るが、成長率ボーナスは相変わらず低め。

それでも魔法攻撃はほとんどのユニットに大ダメージが期待出来るので、今回もメイジと同じで使いやすさは変わらない。

しかし、そんな攻撃面では優秀な魔法ユニットにも守備以外の大きな弱点が存在する。

それは移動力がたったの4しかない事。

魔法ユニットは射程2以上で攻撃する事がメインで移動力が必要ないだろうと感じたのかも知れないけど必要だからな?

 兵種スキル

「黒魔法の達人」黒魔法を装備時、攻撃+5

「黒魔法回数×2」黒魔法の回数が2倍

威力が上がる「黒魔法の達人」は目に見えて強力、メイジで習得した「魔人の一撃」を乗せると+11なので本当に強い。

使用回数が増える「黒魔法回数×2」はファイアーしか増えなかったメイジとは違って黒魔法の全ての使用回数が2倍になるため、回数切れを起こす事は本当になくなるだろう

 兵種マスタースキル

「弓殺し」自分が魔法を装備して弓の敵と戦う時、命中・回避+20

スキルとしては強いよ?だけど魔法ユニットは物理の攻撃をくらったら瀕死になるんだよ。

グラップラーの「魔殺し」がスキルとしては似ているが、グラップラーは万が一攻撃が当たってもHPが高いので問題はない。

しかし、HPが低くなる魔法ユニットは万が一でも攻撃が当たったら一巻の終わり。

だからこのスキルを持ってるからって強気には出ていけないので使う機会は少なめ(命中・回避+20はけっこう当たるって!!)

スポンサーリンク

 ダークビショップ 

 成長率ボーナス

HP魔力魔防守備
+10%+10%+5%-5%

 特徴

ダークメイジを経験しないとCCが出来ないダークメイジの進化版。

今回も成長率ボーナスはメイジより若干低くなったけどほとんど同じ。

成長率ボーナスが少なくなったかわりなのか、兵種スキルの方がメイジより恵まれているため今回はダークメイジの方が普通に強い。

 兵種スキル

「ドーラ△」ドーラ△が使えるようになる。習得済みの場合は使用回数が2倍

「魔人の一撃」自分から攻撃した時、魔力+6

「呪縛」隣接する敵は回避-20

強力なスキルである「魔神の一撃」を兵種スキルで持っているのは大きな評価点、残り2つの兵種スキルはダークメイジの頃から持っていたので語る事はほとんど無い。

何気に「闇魔法回数×2」が無いのは不思議な感じ(「ドーラ△」と交換を願います。)

 兵種マスタースキル

「生命吸収」 : 自分から敵を攻撃して敵を倒した時、与えたダメージの50%分HPを回復する。

威力の高い闇魔法を使って敵を倒すダークビショップにこのスキルはまさに持ってこい。

他にも自分で回復が出来る事によって回復役にも余裕が生まれる所も評価点。

スポンサーリンク

 ビショップ 

 成長率ボーナス

HP魔力・幸運・魅力魔防守備
+10%+10%+5%-5%

 特徴

さらに回復面で期待できるようになったプリーストの進化版で兵種スキルも強化された。

プリーストと同じでほとんど語る事はありませんが、魔法の使用回数が増える兵種スキルの中で一番得をするのは回復役です。

理由は後述。

 兵種スキル

「白魔法回数×2」白魔法の回数が2倍

「白魔法回復+10」白魔法による回復量が+10

「地形耐性」地形ダメージを受けない

メイジなどが持っている「使用回数×2」のスキルは回復役が1番恩恵を受けられる。

その理由は攻撃手段しか持たない黒・闇魔法と違って白魔法にはメインの回復以外にもレスキューなどの絡め手が使えるから。

そして、そんなレスキューなどの補助魔法は強力なので使用回数が少なく設定されている。

「白魔法回復×2」の兵種スキルはそんな補助魔法の回数もしっかり2倍にしてくれるため、「使用回数×2」のスキルは白魔法を使うユニットには1番欲しいスキルと言える。

 兵種マスタースキル

「回復」ターン開始時に最大HPの20%分HPが回復する

確定で20%回復は強力+他の兵種になっても使えるところも扱いやすい。

本当は物理ユニットに欲しいけどね・・・

 

Amazon.co.jp: 【Switch用追加コンテンツ】ファイアーエムブレム 風花雪月 エキスパンション・パス|オンラインコード版 : ゲーム
Amazon.co.jp: 【Switch用追加コンテンツ】ファイアーエムブレム 風花雪月 エキスパンション・パス|オンラインコード版 : ゲーム

成長率引用元: hyperWikiより

コメント