【FE 風花雪月】
ヒューベルトのキャラ評価とおすすめの兵種

計略の時の台詞のカッコよさNo.1

幼き頃よりエーデルガルトの腹心として仕えてきた暗殺者っぽいキャラクター。

エーデルガルトが進む道を確かなものとするため、これまでに裏で数々の汚い仕事も行ってきており彼女からも信頼されている。

黒鷲の学級の先生になったマイユニットに対しても当初は敵意むき出しで、「エーデルガルト様の進む道を邪魔するのであれば消します」とまで言っていた。

スポンサーリンク

 ユニット性能 

 ヒューベルトの成長率

HP魔力速さ幸運守備魔防魅力
353055454535254035

黒鷲の学級でメインの魔法ユニット。

過去作で活躍した魔法ユニット達のように扱いやすく、戦力としては欠かせない存在。

そして、他のユニットとは違って黒魔法では無く闇魔法が得意な珍しいユニットでもある。

闇魔法はバリエーションが多く、射程3のスライムや必殺が高いデス、騎兵特効のダークスパイクなど多種多様。

なので状況に応じて使い分け、威力も強力な優秀な魔法ユニットとして活躍する。

他にもヒューベルトは見た目通り信仰が苦手なのだが、ライブによる回復が行えると助かる場面が多いので最低でもライブだけは習得させておこう(技能値もそこまで必要ないし)

魔法以外にも弓が得意技能だが地雷なので絶対に上げないようにしておこう。

槍も才能開花すれば得意技能になるがダークナイトにするためと割り切って技能レベルを上げるだけにするのがおすすめ(縛りプレイなら止めはしませんがね・・・)

スポンサーリンク

 スキル構成 

 個人スキル 参謀役

計略の威力が+5

個人スキルの中でも強力な部類。

惜しむらくは魔法系の騎士団だとヒューベルトの得意な計略が1回しか使えない所。

しかし、弱点である1回しか使えない点も範囲が広いので決してデメリットではない、計略は当たれば敵の足止めも出来るので広範囲の魔法に助けられる場面も多い。

 おすすめスキル

  •  理学
  •  指揮
  •  魔神の一撃
  •  HP+5
  •  弓殺し

ダークビショップにする場合は兵種スキルに「魔人の一撃」があるのでその時は外そう、それ以外だと絶対につけること。

そもそも魔法ユニットはほとんど自分のターンからしか攻撃しないのでメリットしかない。

「HP+5」はだいたいHPが40くらいにしかならない魔法ユニットにとってはほとんど必須のスキルと言える。

「弓殺し」はあくまで保険、終盤になればなるほど敵にも射程4の攻撃をしてくるボウナイトが出てくるので持っているに越したことはない、「HP+5」とセットで使おう。

というか魔法ユニットのスキルって使えるのが少ないからスキル欄は悩みがち。

スポンサーリンク

 おすすめ兵種 

  1.  貴族
  2.  修道士
  3.  メイジ + ダークメイジ
  4.  ダークビショップ
  5.  ダークナイト

闇魔法を扱える数少ないユニットなのでもちろん魔法使いとして育てるのは基本、さらに指揮レベルも得意技能なので上げよう。

最初の中級職がメイジなのは強力なスキル「魔人の一撃」を習得するため。

上級職のダークビショップになるのにもダークメイジになったことがあれば試験を受けられるので、ダークビショップになるまではメイジのままでもOK。

その後はダークナイトにするために槍と馬術を鍛えるのは面倒だが、槍が才能開花して得意技能になったり、馬術が苦手技能ではないのでそこまで苦にはならないはず。

ただ、ダークナイトの速さの成長率-5%はヒューベルトには痛すぎるよなぁ・・・

スポンサーリンク

 まとめ 

魔法ユニットとしては黒鷲の学級の中で最初から最後までNo.1の破壊力。

エーデルガルトの参謀役というキャラクターの立場そのままに、ユニットとしてもしっかりと敵が攻撃出来ない所から闇魔法を撃って大活躍してくれること間違いなし。

個人スキルにもある通り計略の威力が高くなるので使い所は見極める事。魔法の計略は1回しか使えないので本当に見極めが大事。

そして個人的には計略を使った時の台詞や動きが1番カッコいいキャラクターでもある。

「準備は万全です」「この策をかわせますかな?」などの台詞がこれほど似合うキャラクターもなかなかいない。

 

さらにFE風花雪月を楽しみたい方はエキスパンションパスがおすすめ

Amazon.co.jp: 【Switch用追加コンテンツ】ファイアーエムブレム 風花雪月 エキスパンション・パス|オンラインコード版 : ゲーム
Amazon.co.jp: 【Switch用追加コンテンツ】ファイアーエムブレム 風花雪月 エキスパンション・パス|オンラインコード版 : ゲーム

成長率引用元: hyperWikiより

コメント