【FE 風花雪月】
カトリーヌのキャラ評価とおすすめの兵種

セイロス教会のユニットの中では最強と言っていいほど強い

英雄の遺産である雷霆を使いこなすセイロス騎士団の中でも屈指の実力を持つ剣士、レアには大きな恩があるらしくツィリルほどではないにしろレアに忠誠を誓っている。

実力もさることながら豪快な性格をしており、多くの人が彼女に振り回される。

こんな豪快をしてるのに対照的なシャミアとはセイロス騎士団の中でも1番仲が良いという見事な凸凹コンビとなっている。

スポンサーリンク

 ユニット性能 

 カトリーヌの成長率

HP魔力速さ幸運守備魔防魅力
505025405530302025

最初から完成されたステータスで登場するので、プレイヤーからは「大陸一(笑)の再来か?」と思わせて育てるとめちゃくちゃ育つ看板に偽りなしの強ユニット。

基礎成長率を見るとHP・力・速さが上がりやすいというソードマスターに相応しい成長率をしている(しかし技は40%と低め)

そして、ここにソードマスターの成長率ボーナスが加わると手が付けられなくなる。

さらに最初から剣と籠手の技能レベルが加入時点でどのキャラよりも高いのでどちらの攻撃も外す事はないので頼りになる。

運用としてはもちろんメインは剣、本当は籠手も使わせたいのだが女性はグラップラーやウォーマスターになれないのでカトリーヌは剣だけでOK(籠手はたまに使う程度)

カトリーヌの英雄の遺産である雷霆は自分から攻撃した時に2回攻撃という勇者シリーズと同じ性能をしていてかなり優秀。

使用回数も他と比べて多く、壊れたとしても第2部では新品で戻ってくるので使い倒そう。

他にも速さが上がりやすいので回避盾としても活躍する、その際には回避が上がる騎士団と回避の腕輪をつけて運用すること。

 カロンの紋章

戦技使用時、よく威力が上昇

カトリーヌの性能と合っていない。

ほぼ全ての敵に追撃出来る速さを持っているカトリーヌにとって1回しか攻撃が出来ない戦技を使う機会など無いに等しい。

スポンサーリンク

 スキル構成 

 個人スキル 闘魂

騎士団を配備していない時、または騎士団戦力が0の時、敵から受けるダメージ-5

ユニットとしては強いのに個人スキルは微妙なんだよなぁ。

青獅子の学級のフェリクスと同じ発動条件でそこでも語ったが、風花雪月で騎士団を配備しないユニットなど存在しない。

確かにこの闘魂は物理・魔法の両方のダメージを減らしてくれるから強いのはわかるけど、騎士団を配備しない方が明らかにデメリットなのは言うまでもないことだろう。

 おすすめスキル

  •  剣術
  •  格闘術
  •  斧殺し
  •  剣必殺+10
  •  HP+5

「剣術」だけでなく「格闘術」をつけているのはもしもの時のため、深い理由は無い。

「斧殺し」は斧を使ってくるアーマーやドラゴンナイトに有利に立ち回るため、こいつらを相手にすると命中が0の場合が多々ある。

「剣必殺+10」は絶対につけた方が良いスキル、最初から剣技能もAなので習得が容易。

「HP+5」はつけるものが他にないから、「指揮」でもいいけど命中が上がらないのが欠点(魅力の成長率も低めだし・・・)

スポンサーリンク

 おすすめ兵種 

ソードマスターで最後まで運用

これは完全に個人的な意見も入っていますが、エピタフにはしない方が良い。

理由はカトリーヌは理学が苦手技能だったりエピタフになると速さの成長率が下がったりするから!!そして他の理由としてはエピタフがFEらしくない変な名前の兵種だから。

ソードマスターは成長率ボーナスがカトリーヌの性能も見事に合っているので最後までそのままで運用するのがどう考えても良い。

魔法が使えた所でよく使うアーマー系にはアーマーキラーを使えば事足りるし・・・

スポンサーリンク

 まとめ 

パワー型の剣士になるために生まれたような見事な成長率をしている強ユニット。

これまでのFEではストーリー上の強さとユニットの強さが合っていないユニットが多かったが、カトリーヌは作中の強さとユニットとしての強さが見事に合っている。

ただ、剣士としては強すぎるので青獅子の学級にいるフェリクスの剣士としての人生を終わらせる機会を作ったのもまた事実。

フェリクスにはおとなしくカトリーヌではなれないウォーマスターを目指してもらおう。

 

さらにFE風花雪月を楽しみたい方はエキスパンションパスがおすすめ

Amazon.co.jp: 【Switch用追加コンテンツ】ファイアーエムブレム 風花雪月 エキスパンション・パス|オンラインコード版 : ゲーム
Amazon.co.jp: 【Switch用追加コンテンツ】ファイアーエムブレム 風花雪月 エキスパンション・パス|オンラインコード版 : ゲーム

成長率引用元: hyperWikiより

コメント