【幻影異聞録♯FE】
各キャラクターの簡単な性能紹介

スポンサーリンク

蒼井 樹

剣と電撃属性を扱うバランスタイプ、攻撃と回復のどちらも高性能な主人公。

ステータスはどれも満遍なく上がる絵に描いたようなバランス成長をするが、普通に強いキャラクターなので扱いやすい。

そしてこれまでのファイアーエムブレムの主人公と同様にバトルには強制出撃、絶対にバトルメンバーからは外すことが出来ないので味方の中では最もレベルが高くなる。

ちなみにワイルドエネミーのレベルは味方の中で1番レベルが高いキャラを基準に決まるため、実質樹のレベル次第となっている。

戦闘では敵の弱点を突ける属性が剣と電撃しかないデメリットは特効スキルを覚えてカバするのがおすすめ(幻影異聞録♯FEの特効は相性を無視できるからめちゃ強い)

最終的にはファイアーエムブレムでは王道のマスターロードにして電撃属性を極めよう。

蒼井樹の詳しい性能紹介はコチラ

スポンサーリンク

織部 つばさ

回復役としては右に出るものがいない、と思いきやそんなことはなかったりする

ペガサスナイトなので弓が弱点、そして槍を持っているので斧も弱点、さらに衝撃属性が得意なのに衝撃属性が弱点という元から打たれ弱いのに弱点が3つもあるキャラクター。

特に序盤は元からの打たれ弱さもあって弱点を突かれてセッションされれば、ほぼ間違いなく死ぬため注意が必要。

まぁつばさはメインが回復役なので打たれ弱さはしょうがないと言える・・・

とはいえ、肝心の回復役としての仕事は源まもりの「レンチン」シリーズによって奪われているので回復役としても微妙。

さらに店売りの回復アイテムも安価で優秀なので余計に性能が微妙に感じるだろう。

織部つばさの詳しい性能紹介はコチラ

スポンサーリンク

赤城 斗馬

切り込み隊長になるために生まれてきたような性能をしている

ステータスはソシアルナイトらしくHP・力・技・守備が上がりやすい分、速さと魔防は低めの性能となっており最初から最後まで頼りになるメインアタッカー。

得意な属性は槍と火炎属性、レアエネミーから作成出来る武器から衝撃属性を習得する。

そしてこの衝撃属性を習得できる武器からは槍属性の全体攻撃「ジャベリンレイン」を習得することが出来るので速めに作ろう。

他にもダークナイトになれば敵を弱体化させる「雄叫び」や「フォッグブレス」などの絡め手、そして多くの強力なパッシブスキルを習得するので最終的にはかなり強くなる。

ヒーローを目指しているだけあってバトルではしっかり活躍してくれるキャラクター。

赤城斗馬の詳しい性能紹介はコチラ

スポンサーリンク

黒乃 霧亜

魔法の威力が最初から最後までトップだが、総合的なダメージには期待できない

魔法使いという位置づけなのでEPや魔力・魔防の成長率が高くて1撃が重いが、速さがあまりに低すぎて正直ビビる。

簡単に言うとアーマーナイトの源まもりよりちょっと高いくらいの速さしかない、そしてこの速さが最後まで足を引っ張るので「フライングゲット」は絶対に習得させておこう。

こんな風に大きなデメリットはあるが、得意の氷結属性を筆頭に火炎属性や衝撃属性の魔法を習得するので弱点を突きやすい。

何気に火炎属性の全体魔法は霧亜しか使えないので習得させるのがおすすめ(赤城斗馬のアギラオ?いや、あの程度の威力で全体魔法の一員みたいな顔をされても困る!!)

そして忘れてはいけないのはどんな敵でも必ず行動不能にする「パステルアワー」

ボスであろうとも気絶にすることが出来るので、「次の攻撃でやられそう・・・」と思った時にはとりあえずぶっ放そう。

黒乃霧亜の詳しい性能紹介はコチラ

スポンサーリンク

弓弦 エレオノーラ

パーティー随一の撃たれ弱さと引き換えに、攻撃面ではトップに躍り出る

弓兵らしく技と速さが極めて高くて力の成長率もまぁまぁ良い。しかし守備・魔防は最初から最後までパーティーで1番低い。

まぁ序盤はパッシブスキルが揃っていないので弓が弱点の敵がいれば呼ばれる程度の活躍しかしないが、パッシブスキルが揃ってくると火力がトンデモナイことになる。

エリーの習得する攻撃面でのパッシブスキルで特に強力なのは「弓ハイマスタリ」「修羅の魂」「急所射撃」の3つ。

そしてこの3つが乗った攻撃力はパーティではもちろんトップ、エリーの打たれ弱いという大きなデメリットがあったしてもバトルに出す価値は大いにあると断言できる。

他にも敵を弱体化させる「フォッグブレス」を最速で覚えたり、「支配の刃」で味方のアシストが出来るなど補助役としても優秀。

最終的には回避率が大幅に上がる「ダッジフェザー」も覚えるので脆さもカバー出来る。

弓弦エレオノーラの詳しい性能紹介はコチラ

スポンサーリンク

源 まもり

名前の通り守りに特化した性能、その打たれ強さによる恩恵は計り知れない

アーマーナイトらしくHPと力・守備が極めて高く、幻影異聞録♯FEで純粋な盾役と呼べるキャラクターは源まもりしかいない。

パッシブスキルの方も味方を単体攻撃からかばう「慈愛の盾」や、確率でガード状態になる「鉄壁」が特に強力、そしてここにレディアントスキルまで加わるとさらに硬くなる。

このように源まもりは防御面だけでも極めて優秀なのに、サイドストーリーをクリアすると回復役としても一流になってゆく。

消費SP1で味方を全回復や全員蘇生させるそれぞれの「レンチン」シリーズには必ずお世話になるし、最後に習得する「雨音のメモリー」の状態異常すべて無効も強力すぎる。

いちおう攻撃面が貧弱というデメリットがあるものの、それを吹き飛ばすほどに防御面・サポート面が強いので必ず活躍してくれる。

源まもりの詳しい性能紹介はコチラ

スポンサーリンク

剣 弥代

ナバール枠なだけあって攻撃・回避性能はピカイチ

HP・力・技・速さが高く、剣士系なのに守備がそこそこあるのでこれまでのナバール系とは一味違った強さを持っている。

最後に加入する仲間なだけあって当初からステータスやスキルはしっかり揃っている。

そして加入当初は他の味方よりもレベルが高いので、仲間のレベルを揃えるためにベンチ期間が長めに続くのが主な流れ。

仲間とのレベルが揃ってきた頃からは積極的にバトルに参加させ、レディアントスキル「飛び入りサブキャスト」の習得や武器の熟練度上げをしっかり頑張ろう。

その後は各属性攻撃や「剣ハイマスタリ」「ダッジフェザー」などのパッシブスキルを習得させてアタッカー兼回避盾として運用。

この頃から本格的にバトルでも一流のキャラクターとなってしっかり活躍してくれる。

剣弥代の詳しい性能紹介はコチラ

 

待望の追加要素が入ったswitch版幻影異聞録♯FE Encoreは2020年1月17日発売

Amazon | 幻影異聞録♯FE Encore -Switch | ゲーム
幻影異聞録♯FE Encore -Switchがゲームストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。オンラインコード版、ダウンロード版はご購入後すぐにご利用可能です。

コメント