Heartium(ハーチウム)
ゲストユニットたちの感想①

スポンサーリンク

マヤ

最初のゲストユニット、性能は最初から最後まで可もなく不可もなく

剣・投擲剣・斧を扱い、3すくみでは有利に立ち回れる事も多いが、エメロードの副官なので性能の方はどうしてもエメロードに劣る。

なのでゲストユニットとしても殲滅では無く、主に支援を担当してもらうことになる(TSさんの新説魔法少女で言う石見梢と同じポジションと言えばわかりやすいと思います)

まぁ、どこでゲストユニットとして登場してもある程度は活躍してくれるので上手に使おう。

あと個人的に疑問なのが、最初は投擲剣を持ってきてくれるのにストーリーが進むに連れて全く持ってきてくれなくなる点。

敵から反撃されない射程2の攻撃が出来ないのは攻略においてはかなり痛い。

スポンサーリンク

ウェンディン

ヴァレンツァの護衛役、【無属】と【再動】でかなり使いやすいユニット

武器は槍と清魔法を使い、だいたい持ってくる槍と清魔法は味方よりも1ランク上のものなので威力の方も期待ができる。

スキルの方も飛行ユニット弱点である弓の攻撃は【無属】でカバー、さらに攻撃後に余った移動力の分を移動できる【再動】で使い勝手の方は最初から最後まで抜群。

敵のタイプに合わせて物理・魔法攻撃を選択していけば優秀な削り役として、なおかつ壁役として存分に活躍してくれるだろう。

スポンサーリンク

エネモラ

非戦闘員なのでかなり打たれ弱い、下手すりゃ1・2発で確実に昇天する

ゲストユニットとして登場する時は単価の高い優秀な魔法を持って戦いを手伝ってくれるのはありがたいが、HPと防御力があまりに低すぎるので本当に注意が必要。

ハッキリ言ってゲストユニットの中では1番弱いと断言できるくらい弱い。

ただ、最初に言ったように単価の高い魔法を持って戦いを手伝ってくれるのはかなりありがたいので、敵から攻撃されない位置に配置して高い魔法を使ってもらおう。

唯一のスキルで【繊細】を持っているが、ゲストユニットなのでほとんど価値が無い。

仮に持っていなかったとしてもゲストで登場したマップでエネモラが持ってきた魔法を使い切ることなんて100%無いだろう・・・

スポンサーリンク

ロガン

自己回復する肉壁、ア~ンド処刑斧

性能面は本当に海賊が仲間になったような感じで、HPと力だけがずば抜けて高くて他のステータスは残念仕様となっている。

最初の方は守備力が上がるダブルアクスとシルバーアクスを持ってくるくらいだが、章が進むと優秀な処刑斧を持ってくるので攻撃役として使えるようになってくる。

これはロガンが強いうんぬんよりも、処刑斧が強すぎるだけってのが100%

スキルの方はあらゆるものを無効化してくれる【剛健】やターンの初めにHPを5回復する【治癒】があるので集中砲火されなければゾンビの様にしぶとくなる。

まぁほとんどのマップでは壁役や囮として使われるから集中砲火されがちになるんだけどね。

ただ壁役としては最初から最後まで本当に優秀なので、下手に突っ込ませてロガンを失うことは出来るだけ避けよう(死んでもいいのは仕事を終えてから)

PS.投擲斧を持ってきてくれ

スポンサーリンク

エメロード

さすがフェルミの剣、司祭部隊のユニット全員が霞むほど強い

他のゲストユニットたちはマップを進めていくごとに強くなっていくのに対し、エメロードは最初から最後まで強い強力なユニット。

そしてもちろん他のゲストユニットのように強化されていくのでさらに強くなる。

武器の方も、剣の中では上位に位置するスターライトソードも常に持ってくるので攻撃力は常に高く、ついでに持ってくるもう1本の剣は完全に噛ませ犬ポジションとなっている。

特に最初にゲストユニットとして登場するマップはエメロードの独壇場

敵が防御力の高いアーマーだろうがイルザだろうが、エメロードのスターライトソードの前ではただのザコと化すだろう。

スキルも【連撃】や【見切】を持っているので攻撃性能に関しては本当に恵まれている。

スポンサーリンク

トルディ

ロガンと違って斧を持ったサポート役、まぁ療養中だからしょうがない

トラウラの父親なので味方を支援するスキルを持っている、つまり補助役としての活躍が約束されているので娘と同じように補助役としての存在感を放ってくれるだろう。

しかし、娘のトラウラと違って負傷しているからか攻撃の方はあまり期待できないので注意。

ハーゼンと同様にバフをまき散らすために部隊の真ん中に置くことを最優先に考えた方が良いため、攻撃は二の次として考えよう。

正直に言うとトルディに関してはこのくらいしか解説することが無いので以上となります。

コメント